wakigata BLOG

ヘナについて

ヘナをする理由【白髪染め】【トリートメント】

2018.09.17 脇方 孝行

こんにちは!
石川県金沢市久安にある美容室

alica(アリカ)
脇方 孝行(ワキガタ タカユキ)です

気軽に ワッキーって呼んでください

▶︎【プロフィール】はこちら

 




髪にヘナを施術する目的は
大きく分けて2つ

 

白髪染めとして☟


 

トリートメント(髪の補強)として☟


 

この2つなんだよね

※ここでいうヘナは天然100%のものです

 

 

白髪染めとしてのヘナ

 

白髪染めで使う場合の
ヘナのメリット(利点)

✔️髪へのダメージがほぼない
✔️肌への薬品的な刺激がない(植物アレルギーの人はダメ)

この2つのみ

 

一方デメリット

✔️自毛より明るくは染まらない
✔️状態によって染まりムラがある(毎回違う場合もある)
✔️染まりや色持ちの個人差が大きい
✔️カラーほどしっかり白髪が染まらない
✔️白髪をしっかり染めたい場合は2回染めが必要で 時間と費用も倍かかる
✔️臭い(好みによる)が気になる
✔️染めたてはタオルなどに色移りする
✔️選べる色が少ない

 

うっひぁーーー!
デメリット多すぎっ!!

 

『そんなの なにがオススメなの!?』
って思う人もいるかもしれないね

 

でも
✔️髪へのダメージがほぼない
✔️肌への薬品的な刺激がない
という2つのメリットは
必要な人には とてつもなく大きいことなんだ

 

✔️頭皮に刺激を与えたくない
✔️ジアミンアレルギーがあってヘアカラーが出来ないから
✔️頭皮がデリケートでカラー剤が痛い

何かしらの理由で
ヘアカラーができない人にとって
ヘナで白髪が染められることは
とっても嬉しいことだよね

 

 

トリートメントとしてのヘナ

 

ヘナをトリートメントとして使う場合の
髪への作用は
✔️ダメージホールの穴埋め
✔️髪密度アップによる補強
なんだよね

 

 

傷んだ髪の毛には
ダメージホールという
空洞みたいなものがある☟


 

【髪のダメージ】というものは
表面のキューティクルも損傷を受けているけど
内部のタンパク質が流出して
髪の内部に空洞が出来ていると考えられていて

髪の内部がスカスカになることで
パサパサ・まとまらない髪になると言われている

 

そんなダメージヘアにヘナをすると☟


 

ヘナの成分が 髪の内部まで浸透し
髪の毛のタンパク質にしっかり絡み付き
ヘナ同士も合体して大きくなるので流出しにくい

こうやって 髪の内部の
ダメージホール部分を埋めていくことで
擬似的に健康な髪に近づき
まとまりのある髪になるんだ

 

 

一方
一般的なサロントリートメント
と言われるものはこんな感じで☟


 

人工のタンパク質などで
ダメージホールを穴埋めし

抜け出やすい人工のタンパク質を
流出させないように
表面をコーティング(皮膜)して
持続するようにするんだよね

 

 

ヘナの場合は
髪の毛の内部に絡みつくように定着するので
コーティングしなくても持続するんだけど

サロントリートメントの場合は
日持ちさせるためには
コーティングに頼ったヘアケアをしなきゃいけない
(それでもあんまり持続しない)

 

つまり
ハナヘナトリートメントと
サロントリートメントの違いは
“コーティング(皮膜・被膜)の度合い”
なんだよね

 

コーティングに頼ったヘアケアが
いろんな弊害を引き起こし
結果 髪のダメージを進行させることもある☟


 

だから
“コーティングに頼らない”
ってのは かなりのメリット

ヘナトリートメントは
コーティングに頼らずとも
髪のダメージをちゃんと補強してくれる
優秀なトリートメントなんだよね

 

 

だけれども
決して完璧なトリートメントとは言えず
それなりのデメリットがあるわけなんだけど

デメリットについては
また明日ね

 

ということで今日はここまで!

みなさんのおかげで
今日も楽しく過ごしてるワッキーでした

 

alica

alica hair design
〒921-8164 石川県金沢市久安2-460 サントビル101
TEL.076-287-3998 OPEN 10:00 - 20:00 CLOSE : MONDAY

PICK UP

アクセス・地図
スタッフ紹介